初心者必見!地金とインゴットの違いについて徹底解説 | 【公式】日産証券の金投資コラム

初心者必見!地金とインゴットの違いについて徹底解説

2024年4月8日

 

金に関する情報などでよく耳にする「地金」とは「インゴット」とはいったいどのようなものを指すのでしょうか?
ここでは、「地金」「インゴット」とは何か、またインゴットの基本知識、刻印による真偽の見分け方や入手方法をご紹介します。
世界中の人々を魅了する金ですが、その分、偽物もあるため、通信販売で入手する際には注意を必要とします。

地金とは

貴金属の種類に応じて、金は「金地金」、銀は「銀地金」などと呼び方を変えることがあります。日本では、投資対象として「金」「銀」「プラチナ」といった貴金属の地金が取引されています。

インゴットとは

地金の一種で、精錬した金属に加工を施し、主に資産としての保有を目的として鋳造された金属の塊のこと

インゴットとは

地金との違い

地金 必ずしも形が整っていなくても塊であればよく、アクセサリー等の加工用にも使われる
インゴット 偽物ではないことを証明するための刻印がなされるなど、投資商品として売買するのに適した形に整えられている
     「バー」、金であれば「ゴールドバー」などとも呼ばれることがある

インゴットの重量

インゴットにはさまざまな大きさがあり、次の10種類に分かれています。
  【1g、2g、5g、10g、20g、50g、100g、500g、1kg、12.5kg】

このうち、1gや2gのものはペンダントやカードなどの装飾品や記念品として使われることが多く、最大の12.5㎏のものは「ラージバー」と呼ばれ、金市場の中でもとりわけ価格決定に関して影響力の大きいロンドン金市場において取引されるもので、一般的には目にすることがありません。
一般の投資家が売買するインゴットとしては、500gまたは1㎏のものが一般的です。
  
インゴットの現在の市場価格については、以下のページをご参考ください。

日産証券 本日の金地金価格(参考)

インゴットの刻印

インゴットの刻印

投資用として流通しているインゴットには、以下のような刻印が刻まれています。金地金を購入したり、相続してインゴットを入手したりされた場合は、最初にこの刻印をチェックして、ブランドやシリアルナンバーを把握しておきましよう。

製造番号 金地金に付与されるシリアルナンバー
同一番号が存在しないため、インゴットを買い取る際は製造番号が必ずチェックされる
商標 金地金の販売元のブランド
相続したインゴットを引き取ってもらいたい場合は、このブランドを手掛かりに販売元を探すとよい
重量表示 金地金の重量(サイズ)
精錬業者・分析者表示 LBMA(ロンドン貴金属市場協会)公認の溶解・検定業者であることを表すマーク
品位表示 金地金の純度
数字が100に近いほど純度が高いことを表す
日本で流通しているインゴットはほとんどの場合、99.99%以上の純金

※刻印がない場合・わかりにくい場合

相続などで手に入れた古いインゴットの場合、刻印が汚れてしまって見えにくいことがありますが、汚れていても偽物だとは限りません。また、刻印がない場合でも、本物の金である可能性があります。
ただし、刻印がない場合、買い取りに出す際に価値が下がってしまうケースがあります。そのため、新規にインゴットを購入する際は、必ず刻印の有無を調べ、信頼できるブランドのものであることを確認しましょう。

金(インゴット)の購入

現物が買える場所 購入方法
・貴金属メーカー
・地金商
・精錬会社
・証券会社や銀行、商社を仲介しての購入
・直接店舗で購入
・電話
・インターネット

実際に金を手に取って確認したい場合は、店頭で直接購入されるのがおすすめです。また、遠方にお住まいの方などは、電話でやり取りして代金を振り込み、品物を届けてもらう方法もあります。
高額商品の購入ですので、店舗で直接購入されるケースでも、事前に電話が必要な場合もありますので、あらかじめホームページで確認されると良いでしょう。
また、インターネットの通販サイトでも販売していることがありますが、信頼できる企業の公式サイト以外の商品は、偽物である可能性があります。特に、ネット通信販売の場合は、信頼できる取引先かどうかをチェックし、怪しいと感じたら避けることをお勧めします。

現物を自分で保管するのが不安な方は、現物以外の形でも購入することができます。

金ETF(上場投資信託) 金価格に連動して成果が上がるタイプの投資信託
純金積立 毎月決まった金額の金を購入し、積み立てる
金に投資する投資信託 証券会社や銀行を通して投資し、ファンドマネージャーに運用を任せる
金の先物投資 あらかじめ決められた日に決められた金額で商品を売買する約束をする取引

この記事を読んだ方にお勧めの記事

  • いまさら聞けない?「ドル化」、「脱ドル化」って何?②

  • 白金のシーズナルトレンド

  • 通貨と金の関係性 金は「モノ」なの「お金」なの?

他ジャンルの最新はこちら

  • スペシャル

    イラン大統領死亡で混迷深まる中東情勢

    イランのライシ大統領がヘリコプターの墜落事故で死亡したことについて、アメリカのオースティン国防長官は、「この事故にアメリカは何も関与していない」とし、ホワイトハウスのカービー大統領補佐官は、経済制裁がヘリの事故に影響を与えたとの声が上がっ…

  • 定期レポート

    全国CPIの先行指標とされる東京都消費者物価指数 前回4月は高校授業料無償化の影響で2%の大台を割り込んだ

  • 動画

    国際秩序の再編と資源価格の高騰について解説します。


当サイトのコンテンツは情報提供を目的としており、当社取り扱い商品に関わる売買を勧誘するものではありません。内容は正確性、 完全性に万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。また、当資料により生じた、いかなる損失・ 損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。 当資料の一切の権利は日産証券株式会社に帰属しており、無断での複製、転送、転載を禁じます。

取引にあたっては、必ず日産証券ホームページに記載の重要事項リスク説明等をよくご確認ください。
重要な注意事項についてはこちら