金投資の方法とは、初心者が知るべきメリット・デメリットとは?

金投資の方法とは、初心者が知るべきメリット・デメリットとは?

金投資を始めたい方に、押さえておきたい金投資の重要なメリットやデメリットをご紹介します。金投資には現物の金地金や金貨を購入する方法と、金ETFや投資信託といった金の現物は持たずに金取引をする方法があります。併せて金取引の代表的な種類についてもまとめました。

金投資とは?

金は歴史的に人類によって愛され、どんな社会状況においても価値を有してきました。この金取引によって資産を増やしたり、将来のインフレによる資産減少リスクを抑えたりするために金を所有することを金投資と言います。2022年はインフレ懸念に加え、ウクライナ情勢を背景に金が値上がりし、「有事の金」として注目されました。

一般的には、投資目的の金はゴールドバーや金地金と呼ばれる、金の塊を取引します。金のほかにプラチナも同様に投資対象になっています。

金投資の種類

金の投資方法には、大きく分けて、(1)現物の金地金や金貨を購入する、(2)直接金は所有せずに金ETFや投資信託といった取引を行う、という2種類があります。

(1)現物の金貨や金地金を購入する

将来のインフレや有事に備えて証券会社や地金商などから金を購入します。基本的に長期保有となり、資産を大きく増やすというよりは、安全資産としてリスクを抑える目的に向いています。金投資の始め方の中で最も簡単であり、実物資産として安心感があるので、はじめての個人投資にもおすすめです。

また、まとまった現金を用意できなくても、純金積立により少しずつ金を購入する方法もあります。

(2)金ETFや投資信託といった取引を行う

金の現物を持たず、銀行や証券会社に口座開設し、投資信託などの取引を行います。金ETFとは、金の上場投資信託のことで、株式のようにリアルタイムで売買できる投資信託のことです。

金投資の方法

金の代表的な投資方法をご紹介します。

金地金
投資用の金地金としては、500グラム、1キログラムのサイズが一般的です。それに満たないサイズの場合、手数料がかかって割高になることがあります。

純金積立
毎月3,000円~5,000円程度の金額を積み立てて、金を少しずつ購入する仕組みです。積み立てにより貯まった金は、売却して現金で受け取るか、金地金の現物として受け取るかのどちらかを選択できます。毎月決まった額を投資するので、金の価格が下がっている場合は多く購入でき、高騰すれば購入量は少なくなります。

金貨
オーストラリア政府のカンガルー金貨、カナダ政府のメイプルリーフ金貨などがあります。10万円~20万円程度で購入でき、手軽ですが、金地金よりもグラム当たりの値段としては割高です。

金ETF
金ETFは、証券取引所に上場している投資信託で、金の市場価格に連動して値動きします。少額の資金で始められ、株のように取引ができるので、株式投資の経験がある人におすすめです。

投資信託
自分で投資計画を練る代わりに、投資のプロであるファンドマネージャーに運用を任せて、複数の資産に分散投資ができる資産運用です。投資対象となる商品には複数の銘柄がありますが、金に投資する投資信託を選ぶことができます。

金関連株
金を直接取引するのではなく、金の採掘や精錬等を行う会社の株式銘柄に投資する方法です。金のマーケットとは別の値動きをするので、金価格の上昇以上に大きなリターンが狙えることがあります。

金CFD
CFD取引とは「Contract for Difference」の略であり、日本語で「差金決済取引」と呼びます。証券会社などに証拠金を預けて、実際に金現物に投資するのではなく、金などの対象資産の買値と売値の差金のみをやり取りするハイリスク・ハイリターンの取引で、上級者向け投資方法となっています。

金先物取引
金の先物取引とは、将来の金の取引について、現時点で価格を設定して契約し、現実に取引があった時点での金価格との差額で利益を追求する投資です。短期間でハイリターンを狙えますが、リスクも大きく、投資に慣れた人向けの金投資です。

メリット


金投資で大きなポイントとなる、重要なメリットについて解説します。

将来的に価値がゼロになることがない

株式や債券、通貨などは、将来発行している国や企業が破綻した場合、価値がゼロになったり、大きく価値が目減りしたりするリスクがありますが、金はどんな時代でも価値がゼロになったことはありません。また、希少性があり、装飾品や家電の原料にもなる利用価値の高い貴金属で、採掘量も限られていますので、今後も長期的に見て値上がりする傾向が続く可能性があります。

株式とは別の値動きをする

景気や世界情勢が不安定な時は、株や債券などのペーパー資産が激しく値動きしますが、金の価格変動は株のマーケットとは連動しないため、リスク分散ができ、分散投資に向いています。ただし、金は世界の主な市場において米ドルで取引されていますので、国内の金価格は為替相場の影響を受けることは覚えておきましよう。

デメリット


金投資で初心者が押さえておくべきデメリット2つをご紹介します。

紛失や盗難のリスク

金の現物を保有すると、盗難や災害による紛失のリスクが発生します。金庫を買うなどの対策をすればそれだけコストがかかり、また、銀行や販売業者に預けると保管手数料がかかります。

利息や配当がない

金を保有していても、銀行の預金のように利息が発生したり、株式のように配当が発生したりはしません。したがって、高金利の時は、現金や株式を保有して資産運用していたほうがより高いリターンが見込めます。

金投資は気軽に始められる

金投資の特徴は、投資に関する詳細な知識や経験・情報がなくても比較的簡単に始められ、長期保有することも可能なことです。家の金庫に入れてそのまま忘れてしまっていても、将来、子供や孫の役に立つでしょう。

また、現在はインフレ懸念やウクライナ情勢などで金の値動きが大きいため、短期間で儲けたい投機目的の人にも向いています。リスクはありますが、不安な世だからこそ資産を大きく増やしておきたいという人にもおすすめです。