FOMC・雇用統計を前にした注目点 | 【公式】日産証券の金投資コラム

FOMC・雇用統計を前にした注目点

NSトレーディング 菊川弘之
2023年1月29日

~ハト派色が薄まるものの、市場の反応は限定的か~

このページで知れること(目次)

【米連邦公開市場委員会】

【米雇用統計】

【米連邦公開市場委員会】

FF金利先物市場が織り込む米政策金利見通し

30日、31日に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)では、メンバーによる経済見通しや、メンバーが適切と考える「政策金利水準の分布図(ドットチャート)」は公表されないため、FOMC声明と、パウエルFRB議長の記者会見での発言が注目。

この記事を見るにはパスワードが必要です。

 

パスワードはこちらからお申込みください。

申し込み

この記事を読んだ方にお勧めの記事

  • 「OPECプラス」減産延長決定

    「OPECプラス」は6月4日の閣僚級会合で、2023年末までの予定だった原油の協調減産の枠組みを2024年末まで延長し、来年の生産目標を現行より、日量約140万バレル減らすことで合意した。

  • 米雇用統計を受けた金市場

    10月の米雇用統計では非農業部門雇用者数が前月比15万人増加で、事前予想以上に減速した。全米自動車労組(UAW)による三大自動車メーカでのストライキが影響した。

  • NY金・ユーロ共に、底打ち確認中

    米金利上昇を嫌気して上値が抑えられてきたNY金(12月限)だが、心理的節目1900ドルで支えられ、長大陽線で切り返してきた。

他ジャンルの最新はこちら

  • 金投資の基礎知識

    日本における金本位制

  • 定期レポート

    米早期利下げ期待が後退して外国為替市場ではドル買い優勢が続く中、今週は日米金融政策見通しの手掛かり材料として27日発表の全国消費者物価指数(CPI)、29日発表の米個人消費支出(PCE)価格指数に注目が集まる。

  • 動画

    緊張継続の中東情勢と原油市場の動向、そして金価格の今後について


当サイトのコンテンツは情報提供を目的としており、当社取り扱い商品に関わる売買を勧誘するものではありません。内容は正確性、 完全性に万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。また、当資料により生じた、いかなる損失・ 損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。 当資料の一切の権利は日産証券株式会社に帰属しており、無断での複製、転送、転載を禁じます。

取引にあたっては、必ず日産証券ホームページに記載の重要事項リスク説明等をよくご確認ください。
重要な注意事項についてはこちら