442年振りの天体イベントと重なる中間選挙 | 【公式】日産証券の金投資コラム

442年振りの天体イベントと重なる中間選挙

調査課 菊川弘之
2022年11月7日

~火星の逆行期で満月とも重なる中間選挙は波乱含み~

【火星逆行期】

NY金2022年~2023年(火星逆行きと太陽・水星・金星オポジション)

2022年10月30日~2023年1月12日に、火星は逆行期に入る。火星は魚座の海王星とスクエアを形成。「アストロロージ」では、火星は攻撃性の原理を持ち、海王星は受動の原理。この期間は対極的にある者同士の典型的な対立の時となる可能性。火星は軍事力と、どんな犠牲を払っても勝ちたいという衝動を体現する。一方、海王星は争いを避け、必要ならどんな手を使っても平和を追求したい本能を表す。「ロシアVSウクライナ」・「米国VS中国」・「米国VS北朝鮮」などに大きな変化が起きるかもしれない。

この記事を見るにはパスワードが必要です。

 

パスワードはこちらからお申込みください。

申し込み

この記事の監修者

菊川弘之

東証スタンダード市場上場 日産証券グループ株式会社グループ会社

NSトレーディング株式会社

代表取締役社長 菊川 弘之

NY大学留学。その間GelberGroup社、FutureTruth社などでトレーニーを経験。
帰国後、商品投資顧問会社でのディーリング部長を経て日産証券主席アナリストに。
2023年4月NSトレーディング代表取締社長に就任。日経CNBC、ストックボイスTV、ラジオ日経はじめ多数のメディアに出演の他、日経新聞にマーケットコメント、時事通信、Yahooファイナンスなどに連載、寄稿中。近年では、中国、台湾、シンガポールなど現地取引所主催・共催セミナーの招待講師も務める。また、自身のブログ『菊川弘之の月月火水木金金』でも日々のマーケット情報を配合中。

この記事を読んだ方にお勧めの記事

  • 国際エネルギー機関(IEA)月報

    「OPECプラス」は年初から日量250万バレル以上減産したが、米国やブラジル、イランなどの供給増によって相殺されてきたと分析。

  • 2007年以来の高水準(米10年債)

    米国債の格下げや、国債発行増による需給悪化を嫌気した債券売り(金利上昇)の流れから、米10年債は、2007年以来の水準まで上昇している。

  • 三角保合い上放れ、ドル円上値試す流れへ

    先週は、日銀の植田和男総裁が会合後の記者会見で、年度半ばにかけてインフレ率が下がるとの認識を示しつつも、政策修正に慎重な姿勢を改めてみせた一方、米連邦準備理事会(FRB)のウォラー理事は16日の講演で「一部の銀行の経営不振を懸念して、金融政策の…

他ジャンルの最新はこちら

  • 金投資の基礎知識

    初心者必見!地金とインゴットの違いについて徹底解説

  • 定期レポート

    8日に実質賃金、前回から減少幅が再拡大し23ヶ月連続でマイナスとなる見通しだが、春闘大幅賃上げより第2四半期にプラス転換する見込み

  • 動画

    イラン大使館空爆を受け緊迫感が増す中東情勢と金価格の動きについて解説します。


当サイトのコンテンツは情報提供を目的としており、当社取り扱い商品に関わる売買を勧誘するものではありません。内容は正確性、 完全性に万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。また、当資料により生じた、いかなる損失・ 損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。 当資料の一切の権利は日産証券株式会社に帰属しており、無断での複製、転送、転載を禁じます。

取引にあたっては、必ず日産証券ホームページに記載の重要事項リスク説明等をよくご確認ください。
重要な注意事項についてはこちら