「OPECプラス」小幅増産決定 | 【公式】日産証券の金投資コラム

「OPECプラス」小幅増産決定

調査課 菊川弘之
2022年8月4日

~9月に日量10万バレルの追加増産~

「OPECプラス」減産縮小推移

【「OPECプラス」閣僚級会合】

「OPECプラス」閣僚級会合で、9月に日量10万バレルの追加増産を行うことで合意した。

ただし、バイデン大統領が7月の中東歴訪で、サウジアラビアに対し増産を要請しことに対する外交辞令的な言い訳程度の増産幅だ。OPECデータによると、日量10万バレルの増産は、1982年の生産割り当て開始以来、最小の増産幅。

この記事を見るにはパスワードが必要です。

 

パスワードはこちらからお申込みください。

申し込み

この記事を読んだ方にお勧めの記事

  • 米CPIを前に様子見ムード

    今晩(日本時間22:30)、各マーケットで注目の米国1月CPIが発表される。

  • フィッチ米債格下げ、金押し目買い

    格付け会社フィッチは1日、米国の外貨建て長期債務格付けを最上位の「トリプルA」から1段階低い「ダブルAプラス」に引き下げた。

  • 米CPIを受けた金相場見通し

    昨年12月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は、前月比で0.1%下落と、予想に反し下げに転じた。

他ジャンルの最新はこちら

  • 金投資の基礎知識

    金の機能、価値の保全について2

  • 定期レポート

    11月30日のFRBがインフレ指標として重視している米個人消費支出(PCE)デフレータが注目。

  • 動画

    国内最高値を更新した金と原油価格の今後の展望について


当サイトのコンテンツは情報提供を目的としており、当社取り扱い商品に関わる売買を勧誘するものではありません。内容は正確性、 完全性に万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。また、当資料により生じた、いかなる損失・ 損害についても当社は責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。 当資料の一切の権利は日産証券株式会社に帰属しており、無断での複製、転送、転載を禁じます。

取引にあたっては、必ず日産証券ホームページに記載の重要事項リスク説明等をよくご確認ください。
重要な注意事項についてはこちら