金投資にもいろいろある!投資方法はなにがいいの?

金投資にもいろいろある!投資方法はなにがいいの?
金投資のうち、どの投資が自分に合うのか悩んでいる方向けに、金地金・金ETF・金関連株・金先物取引の4つの投資について、比較・検討しました。投資初心者・慎重に資産運用をしたい人向け、金の現物が欲しい人向け、株取引経験者や分散投資を考えている人向け、投資の期間の長さ、などと言った観点から、それぞれの目的に合ったおすすめの投資方法を紹介します。

代表的な4つの金投資の特徴まとめ

代表的な4つの金投資の特徴まとめ

詳しくは、下記の記事もあわせてご参照ください。
「投資方法別にみる金投資の特徴とは」

投資が初めての人、慎重派の人は「金地金」がおすすめ

金の値動きは株式よりもシンプルで、しかも価値がゼロにならないので、初心者にも始めやすい投資方法です。工業製品にも用いられる金は、採掘可能な量が限られているため、価値が急に下落することはありません。

金地金を購入する魅力は、何と言っても現物が手に入ることです。ネット上のやりとりだけで完結し、実感の乏しい他の投資方法とは違い、光り輝く魅力的な貴金属で、世界通貨としての機能を持つ金塊を、手に届くところに所有できます。安全資産としての金に強い魅力を感じる方、慎重に資産を増やしたい方にお勧めです。

金の現物が欲しい場合はどの投資方法がいい?

まとまった投資用資金があれば、500gや1kgの金地金を購入されるのが最も簡単・確実な方法です。しかしながら、高額の金をいきなり購入するのは敷居が高いかもしれません。その場合は、少額の資金でスタートし、運用によって資金を増やし、増えた資金を金現物と交換できる投資方法が2つあります。

一つは金ETFで、上場投資信託の種類によっては金と交換できるものがあります。もう一つは金先物取引で、利益が出れば1kg単位で金と交換可能です。

金先物取引は短期間でハイリターンを狙える投資方法ですが、半面、リスクも大きく、投資上級者向けとなっています。投資に慣れていない方は金ETFのほうがおすすめです。

逆に、金を持つのは盗難や保管費用が心配という人の場合は、金ETF・金関連株・金先物取引の3つであれば、いずれも金現物を持つリスクなく金投資が可能です。

株式取引の経験を活かしたい・株と金で分散投資をしたい

4つの投資のうち、金地金は株式取引の経験がない人向けではありますが、日ごろ株式取引をされていて、分散投資として金投資を考えている方には、金価格は株式市場とは違った値動きをするので、金地金の取引もおすすめです。

株式投資の知識や経験を活かした投資ができるのは、金ETFや金関連株への投資です。金ETFは株式と同様の感覚で売買が可能なので、気軽に金取引をしたい人に向いています。

企業の業績や将来性について調べ、検討するのが好きな人には金関連株の投資がおすすめです。金投資のデメリットとして、利息や配当がないことがありますが、金関連株ならば配当を受け取れます。

金ETFと金関連株への投資の違いは、金ETFは金価格と連動するのに対し、金関連株は金価格とは連動せず、企業の業績や株式市場全体の流れに影響される点があります。

投資経験が豊富で、よりチャレンジングな金投資をしたいという人には金先物取引がおすすめです。レバレッジをきかせることができ、元手の何倍もの取引が可能で、先を読む目に自信があれば短期間で大儲けをすることも可能です。しかしながら、損をすると、レバレッジの倍率だけ損失が膨らむ点は注意が必要です。

金投資にどれくらい時間をかけられるか?

金投資にどれくらい時間をかけられるか?

基本的に、時間がかかっても確実に資産を増やしたいという人には金地金が向いています。金の長所として、歴史的に貴金属としての価値が認められており、時間が経っても劣化せず、価値が下がらない点がありますが、その特性を存分に生かしたい人にお勧めです。金庫に入れっぱなしで何十年もたち、子孫が手に取ることになったとしても、そのときどんな社会情勢でも役に立つことでしょう。

逆に、短期決戦で利益を出したいという人には、金先物取引が向いています。コロナ禍により、デルタ株の脅威、ワクチンの開発、オミクロン株の出現と言った出来事のたびに世界情勢が揺れ、金の価格の上下動にもつながっています。金先物取引は中長期の保有には不向きですが、現在の社会情勢の動きにうまく乗って利益を出したい人に向いています。